• - Coming Soon -

    Royalty事業

    Royalty Business

  • クリエイターに自由を!投資家にワクワクを!

    ロイヤリティバンクは、音楽・コミック・小説・映画・写真など、各種コンテンツが生み出すロイヤリティ(印税)を取引するための、日本初のプラットフォームです。

     

    わたしたちの役目は、クリエイターが自由に創作を行えるよう、まとまった資金を調達すること。一方でファンや文化的知見の豊かな投資家には、ワクワクするような投資の選択肢を提供することです。クリエイターと投資家との間に透明性の高い健全な橋をかけ、コンテンツ産業のさらなる活性化を推進します。

  • ■ロイヤリティ投資とは?

    What is royalty investment?

    これまでになかった投資スタイル、それは、カルチャーから発生する印税への投資

    投資といえば株や国債などが一般的ですが、私たちのマーケットが扱うのは、音楽やコミックなど各種カルチャーが生み出すロイヤリティ(印税)です。

     

    ファン/投資家がお気に入りのカタログ(作品集)を見つけて投資すると、その資金はカタログのクリエイター/権利者に渡り、クリエイターは受け取った資金を自由に使うことができます。ファン/投資家は配当のように、 お気に入りの作品を含むカタログが生み出すロイヤリティ(印税)を、一定期間にわたって定期的に受け取ることができます。

     

    さらに、ファン/投資家は、サブスクで音楽を聴いたりカラオケで歌ったり、またはコミックを読んだり仲間に勧めたりすることで、その作品の価値を高めることに貢献でき、結果ロイヤリティ(印税)収入も高まるという、WIN WINの好循環ができあがります。

  • メリット

     
    クリエイター/権利者、ファン/投資家の双方にとって、さまざまなメリットがあります。

    For

    クリエイター/権利者

    1. まとまった資金を将来にわたって小刻みにではなく、今の時点で得ることができる
       

    2. 資金の使い道は自由で、創作活動リフレッシュ、活動休止期間を獲得するためなど、思いのまま
       

    3. 権利が本来持っている各種の許諾権などは移動せず、契約期間が終了すれば、権利(印税利益参加権)も自動的に戻ってくる

    For

    ファン/投資家

    1. お気に入りのクリエイターを、投資というかたちで直接支援することができる
       

    2. ひと口千円〜と買いやすい価格で、何口でも気軽に売買することができる
       

    3. 印税(配当)は一般的な景気とは無関係とされているので、オルタナティブ投資の選択肢としてもピッタリ

  • ■ロイヤリティバンクの特長

    Why Royalty Bank?

    ロイヤリティバンクは、高度な権利ノウハウと安全なブロックチェーン・システム、そして統計学に基づいた独自の評価基準(特許出願中)を用いて、健全でオープンなプラットフォームを運営します。安心してロイヤリティ取引をお楽しみください

  • ロイヤリティ投資のながれ

    (ファン・投資家)

    Flow of royalty investment for fans and investors
     
     
     
    実際の取引は、以下のようにとても簡単!
    1

    カタログを選ぶ

     

    カタログとは作品の集合体。どんな作品が含まれるか、作品数、どんな権利に基づいた印税か、過去に稼いだ印税額、印税を受け取れる期間など、諸要素はカタログにより異なります。納得いくまで選んでください。

    2

    カタログを買う


    アカウントを作ってから電子財布(e-wallet)を設定し、そこにデポジット(預入金)を入れてください。預入金の範囲で、カタログを買うことができます。売買記録はマイページでいつでもチェックできます。

    3

    配当を待つ・または売る

     

    配当としての印税支払は年に2回の場合が中心です。配当時期にはお知らせとともに、あなたの電子財布への入金が可能となります。流通市場では購入したカタログを売ることもできます。もちろん買い増すことも可能です。

  • ※カタログ:複数のコンテンツをひとまとめにした“権利の束”で、株における「銘柄」にあたります。

    ※ロイヤリティ(印税):作品が利用されるごとに発生する利用料のことです。利用形態はさまざまで、音楽ならサブスクの視聴やカラオケでの歌唱、CMや映画への採用など、コミックならアニメ化やキャラクター商品化などがあります。

    ※口数:株式でいう1株を、ロイヤリティバンクでは1口と呼んでいます。カタログごとに総口数が決まっています。

    ※配当:定期的に入る配当金とは、内容的には印税の一部相当額です(手数料は 除きます)。

    ※流通市場(セカンダリー):市場は、上場時に権利者と取引する新規募集(プライマリー)と、投資家同士で権利の取引をする流通市場(セカンダリー)に分かれています。

  •  

    ロイヤリティ取引サイト

    Royalty Investment services
     

    ロイヤリティバンクが運営する、実際にロイヤリティ投資ができるサイトと、

    ルクセンブルグにある提携先のサイトをご紹介します。

    ロイヤリティバンク
    マーケットプレイス

     

    音楽、コミックなどカルチャーへの投資を、気軽に始めることができる日本初の取引所です。カタログ(作品集)が生み出すロイヤリティは小口化され、ひと口千円〜数千円で何口でも気軽に売買することができます。ブロックチェーンを使って、安全に管理されます。

     

  •  

    関連

     

    ルクセンブルグに本社を置くANote Musicが運営する、ヨーロッパの音楽カタログが上場されている取引所です。データはブロックチェーンで安全に管理されており、イタリアやフランス、ポーランドなどヨーロッパのカタログが上場され、日々活発に取引が行われています。

     

    詳しく知る >

×
この利用規約(以下、「本規約」といいます。)は、株式会社ロイヤリティバンク(以下、「当社」といいます。)が本ウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。ユーザーの皆様(以下、「ユーザー」といいます。)には、本規約に従って、本サービスをご利用いただきます。本サービスを利用したことをもって、本規約の内容をご理解のうえ異論なくご同意したものとみなされます。

第1条(適用)
本規約は、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。
当社は本サービスに関し、本規約のほか、ご利用にあたってのルール等、各種の定め(以下、「個別規定」といいます。)をすることがあります。これら個別規定はその名称のいかんに関わらず、本規約の一部を構成するものとします。
本規約の規定が前条の個別規定の規定と矛盾する場合には、個別規定において特段の定めなき限り、個別規定の規定が優先されるものとします。

第2条(禁止事項)
ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の行為をしてはなりません。
法令または公序良俗に違反する行為 犯罪行為に関連する行為
本サービスの内容等、本サービスに含まれる著作権、商標権ほか知的財産権を侵害する行為
当社、ほかのユーザー、またはその他第三者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり、妨害したりする行為
本サービスによって得られた情報を商業的に利用する行為
当社のサービスの運営を妨害する恐れのある行為
不正アクセスをし、またはこれを試みる行為
他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為
不正な目的を持って本サービスを利用する行為
本サービスの他のユーザーまたはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
他のユーザーに成りすます行為
当社が許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為
面識のない異性との出会いを目的とした行為
当社のサービスに関連して、反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為
その他、当社が不適切と判断する行為

第3条(本サービスの提供の停止等)
当社は、以下のいずれかの事由があると判断した場合、ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。
本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合
地震、落雷、火災、停電または天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難となった場合
コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合
その他、当社が本サービスの提供が困難と判断した場合
当社は、本サービスの提供の停止または中断により、ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害についても、一切の責任を負わないものとします。

第4条(不保証および免責事項)
本ウェブサイトからのリンクで移動したサイトで提供されるサービス等は、当該サイト運営者により独自に提供されるものです。また、本ウェブサイトにて紹介している当該サービス等の内容や情報については、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、当社は、正確性や安全性、最新性、有効性等につき保証するものではありません。
当社は、本サービスに起因してユーザーに生じた損害について、当社に故意または重過失がある場合を除き、責任を負いません。また、当社が法的に責任を負う場合であっても、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害および逸失利益に関する損害については、賠償する責任を負いません。
本サービスに関して、ユーザーと他のユーザーまたは第三者(本ウェブサイトからのリンクで移動した先のサイト運営者を含みます。)との間に置いて生じた取引、連絡または紛争等については、ユーザーご自身の責任で解決するものとします。

第5条(サービス内容の変更等)
当社は、ユーザーに通知することなく、本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし、これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第6条(利用規約の変更)
当社は、必要と判断した場合には、ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。
本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を本ウェブサイトへの掲載その他適切な方法により周知し、またはユーザーに通知します。

第7条(個人情報の取り扱い)
当社は、本サービスの利用によって取得する個人情報については、当社「プライバシーポリシー」に従い適切に取り扱うものとします。

第8条(著作権等)
本ウェブサイトで掲載している文章や画像などについては、無断転載することを禁止します。

第9条(権利義務の譲渡の禁止)
ユーザーは、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し、または担保に供することはできません。

第10条(準拠法・裁判管轄)
本規約の解釈にあたっては、日本法を準拠法とします。
本規約または本サービスに関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2021年4月9日
以上
×
プライバシーポリシー

株式会社ロイヤリティバンク(以下、「当社」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)における、ユーザーの個人情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(個人情報)
本ポリシーにおいて、「個人情報」とは、個人情報の保護に関する法律(以下、「個人情報保護法」といいます。)2条1項が定める「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌、指紋、声紋にかかるデータ、及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。

第2条(個人情報の収集方法)
当社は、ユーザーが「お問い合わせ」フォームに所定事項を入力・送信し、氏名、メールアドレスをご提供頂く方法により、これらの個人情報を収集することがあります。

第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当社が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。
当社サービスの提供・運営のため
ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
なお、当サイトからリンクで移動した当社業務提携先のサイトにおいて、サイト運営者が収集するユーザーの個人情報に関しては、各サイトのプライバシーポリシーが適用されますので、そちらをご確認下さい。なお、各サイト運営者が収集するユーザーの個人情報が当社と共有されることはありません。ただし、個人を特定できない統計情報等の態様で当社に提供される場合があります。

第4条(利用目的の変更)
当社は、前条に定める利用目的を、関連性を有すると合理的に認められる範囲において、変更する場合があります。 当社は、利用目的の変更を行った場合には、変更後の目的について、当社所定の方法により、ユーザーに通知し、または本ウェブサイト上に公表するものとします。

第5条(個人情報の第三者提供)
当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者(日本国外にある者を含みます。)に個人情報を提供することはありません。ただし、次に掲げる場合を除きます。
当社が利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
その他、個人情報保護法その他の法令で認められる場合

第6条(個人情報の開示)
当社は、ユーザーから個人情報の開示を請求を受けたときは、ユーザーご本人からのご請求であることを確認した上で、個人情報保護法に従い、遅滞なくこれを開示します。

第7条(個人情報の訂正および利用停止等)
1. 当社は、ユーザーから、個人情報保護法の規定に基づき個人情報の訂正や利用停止を求められた場合、当該ユーザーご本人からのご請求であることを確認の上、必要な調査を行い、その結果に基づき、個人情報の訂正または利用停止を行い、当該ユーザーに対してその旨を通知します。なお、訂正または利用停止等を行わない旨を決定したときは、当該ユーザーに対してその旨を通知します。
2. 当社は、ユーザーから当該ユーザーの個人情報につき消去を求められた場合で、当該ご請求に応じる必要があると判断した場合には、当該ユーザーご本人からのご請求であることを確認の上、当該個人情報を消去し、その旨を当該ユーザーに通知します。
本条の規定は、個人情報保護法その他の法令により、当社が、個人情報の訂正等の義務を負わない場合には適用されません。

第8条(プライバシーポリシーの変更)
1. 当社は、本ポリシーの内容を、必要に応じて変更することができるものとします。ただし、個人情報保護法その他の法令上、ユーザーの同意が必要となるような変更を行う場合、変更後の本ポリシーは、当社所定の方法で変更に同意したユーザーに対してのみ適用されます。
2. 当社が本ポリシーを変更する場合、変更後の本ポリシーの施行時期及び内容を本ウェブサイトへの掲載その他の適切な方法により周知し、またはユーザーに通知します。

第9条(お問い合わせ窓口)
本ポリシーやユーザーの個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、下記の窓口までお願いいたします。
住所:東京都千代田区内神田2-2-6 田中ビル3F
社名:株式会社ロイヤリティバンク
Eメールアドレス:info@royaltybank.jp

2021年4月9日
以上